人生儀礼について

人生儀礼とは、人がこの世に生まれてより一生の間に行う数々の神事儀式の事です。人にとってこれらの人生儀礼は、多分に社会的意味あいを持ち、周囲の人々から一人の社会人として認めてもらうための儀式であるともいえます。
私たちは祖先から伝えられた数々の美風を守り受け継いで来ました。皆様も、一つ一つの人生儀礼を大切にし、感謝の心を持って生活しましょう。

  • 安産祈願(着帯の祝い)
  • 赤ちゃんが、健康で無事生まれますよう、妊娠五ヶ月目の戌の日に岩田帯(七尺五寸三分の白地の帯)をお腹に巻き、無事な出産を願います。
  • 出産祝い
  • 赤ちゃんが無事誕生したことを、神様に感謝し一家の幸を願い赤飯などをお供えします。
  • お七夜の祝い
  • 生後七日までに名前をつけます。生まれた日より数えて七日目の夜、命名書を神棚にお供えし、神様にご奉告し、親戚、縁者にお披露目をします。
  • 初宮詣
  • 大神様の御神慮によりめでたく誕生した赤ちゃんが、すくすくと成長できるよう家族揃って神社にお参りします。一般的には、男児三十二日、女児三十三日目にお参りしますが、地方により若干の差異があります。
  • お食い初め
  • 生後百二十日目に、赤飯、尾頭付き魚、野菜、勝栗、吸い物等を調え、赤ちゃんに食べるまねをさせ健康長寿を祈願します。
  • 初誕生祝い
  • 生後満一年の誕生日をお祝いします。
  • 初節句の祝い
  • 生まれて初めての節句で、女児は三月三日(桃の節句)男児は五月五日(端午の節句)に末永く幸福で健康であるように祈願します。(但し、生後二十一日を過ぎていない場合は翌年にします。)
  • 七五三詣
  • 十一月十五日に男女とも三歳を髪置、男児五歳を袴着、女児七歳を帯解の祝いとして、身を清め衣服をあらためて、神社にお参りし今後の心身健康を祈願します。
  • 十三参り
  • 古来、関西を中心に行われ、神社にお参りして神様より知恵を授けて頂き、心身の健全を祈る風習です。十三歳は干支が一巡することなどから、子供から大人になる節目であるとされています。
  • 入学卒業の祝い
  • 学校への入学、または卒業時には感謝の奉告のお参りをし、学業の成就を祈願します。
  • 成人の祝い
  • 満二十歳に、成人となった事を感謝し、立派な社会人として自覚をもつことを誓います。
  • 結婚式
  • 厳粛な雰囲気の中、ご神前において新たなる人生の門出を祈願し、末永く幸福な家庭を築くことを夫婦で神様に誓います。
  • 厄祓祈願
  • 古来より厄難の有り勝ちな年のことを、厄年として忌み慎んできました。厄年は、一定の年齢に達し社会的にも重要な役割を担う様になる頃で、心身の疲労・病気・災厄がおこりやすくなり、人生の転換期として注意すべき一つの節目として、自覚と慎みが必要な時期です。災厄に遭わないように心掛け、厄祓いの祈願を行います。
  • 長寿祈願
  • 還暦(六十一歳)は人生の二回目の誕生日を迎える年ともいい、感謝の気持ちをもって神社にお参りします。さらには折々に延命長寿を感謝し、更なる長寿を祈願します。

  • 還暦(六十一歳)
    古希(七十歳)
    喜寿(七十七歳)
    傘寿(八十歳)
  • 米寿(八十八歳)
    卒寿(九十歳)
    白寿(九十九歳)
    上寿(百歳)

社殿祈願


ご家庭の節目の折に、またそれぞれの時々に応じてご参拝いただき、祈祷をお受けになられ、 清新な日々を送られますようご案内申し上げます。

受付時間 9:00~17:00(年中無休)
御初穂料 五千円・一万円・一万円以上とお分けしております。

人生儀礼

厄除祓

諸祈願

  • 病気平癒
  • 交通安全
  • 心身健康
  • 学業成就
  • 受験合格
  • 就職成就
  • 心願成就
  • 旅行安全
  • 家内安全
  • 必勝祈願
  • 御礼参り
  • (その他諸祈願)

会社関係

  • 社運隆昌
  • 業務安全
  • 業務繁栄
  • 商売繁盛

このほか各種の祈願を申し受けています。
どれに該当するのかわからなくても、受付でお気持ちをお話しいただければ、そのようにご祈祷いたします。
厄年を終えられた皆様は、厄年の御礼参りとともに、家内安全・健康祈願などを続けて行う方が多くなってきました。

安産祈願は妊娠5ヶ月目の戌の日にお祓い子供を授かった事に感謝し、元気に生まれ丈夫に育つよう願いをこめて岩田帯をしめる習わしがあります。これは、犬が多産・安産で子犬の成長が早いことにあやかるものです。腹帯をお持ち頂ければ安産祈願の際、神前にお供えしおはらいし、お返しいたします。
ガードルタイプでも結構です。また、当神社においてもお祓い済の腹帯をご用意しています。
ご祈祷は毎日斎行しておりますので、戌の日にこだわる必要はございません。
お母さんの体調を優先し、ご家族一緒におまいりできる日がよいでしょう。

1月
5日(火)・17日(日)・29日(金)
2月
10日(水)・22日(月)
3月
5日(土)・17日(木)・29日(火)
4月
10日(日)・22日(金)・29日(金)
5月
4日(水)・16日(月)・28日(土)
6月
9日(木)・21日(火)
7月
3日(日)・15日(金)・27日(水)
8月
8日(月)・20日(土)
9月
1日(木)・13日(火)・25日(日)
10月
7日(金)・19日(水)・31日(月)
11月
12日(土)・24日(木)
12月
6日(火)・18日(日)・30日(金)

1月
11日(水)・23日(月)
2月
4日(土)・16日(木)・28日(火)
3月
12日(日)・24日(金)
4月
5日(水)・17日(月)・29日(土)
5月
11日(木)・23日(火)
6月
4日(日)・16日(金)・28日(水)
7月
10日(月)・22日(土)
8月
3日(木)・15日(火)・28日(日)
9月
8日(金)・20日(水)
10月
2日(月)・14日(土)・26日(木)
11月
7日(火)・19日(日)
12月
1日(金)・13日(水)・25日(月)

本殿での安産祈願が終わりましたら、無事の安産のお願いを絵馬に願掛けいたしましょう!

本名は一生を支配するといわれています。 子宝に恵まれますと誰しもが我が子には良い名を選びたいのが親心です。
赤ちゃんが授かったら、また、お生まれになったらご相談ください。ご希望に添う御名前をお選びして命名書を授与いたします

伊奴寝子(いぬねこ)社の由来

かつて庭で番犬として飼っていた時代とは異なり、現代では多くの人が愛するわが子同様に家族の一員として犬や猫などペットと生活を共にしており、人間の家族以上に愛情を注ぐ人も少なくありません。
この伊奴寝子社は、大切なペットの健康や幸せを願い、病気や怪我の回復を祈り、事故などに遭遇しないため全ての愛しい生き物たちをお守りするための神社として、平成二十四年八月に創建された全国でも珍しいペットたちのための唯一の神社です。
お気軽に犬や猫などペットとご一緒にご参拝下さい。
なお、社務所にペット用のお守り・ご神札など用意してありますので、是非お立ち寄り下さい。

一、御祭神
愛育大神(めぐしのおおかみ)、犬祖大神(いぬみおやのおおかみ)、
猫祖大神(ねこみおやのおおかみ)

一、御利益
健康長寿、無病息災、傷病平癒、開運招福、邪気祓い

境内にある「犬」「猫」像を手の平でさすると願いが叶えられます。

 

ペットの幸せを願う座間神社です。
今、ペットは家族の一員として多くの家庭で飼われています。
お散歩の途中にちょっと立ち寄って、健康祈願のお参りをしましょう。

  • 健康長寿・病気平癒・手術成功・子宝恵綬・交通安全・成犬式・成猫式・七五三など飼い主様の趣旨に沿い御祈願申し上げます。
  • 商売繁盛祈願、交通安全、健康祈願など飼い主様の趣旨に沿い御祈願申し上げます。
  • 商売繁盛祈願、交通安全、健康祈願など飼い主様の趣旨に沿い御祈願申し上げます。
  • 【祈願料】3,000円

厄除け・方位除け

厄除け

厄年とは、人生の転換期であり、調子を崩しやすいと言われており 災難や不幸が身に降りかかりやすい年のことです。
厄年とする年齢は、一般的には数え年で男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳、61歳です。
中でも、男性の42歳と女性の33歳は「大厄(たいやく)」といい、その前後の年齢も「前厄(まえやく)」「後厄(あとやく)」 とされ、特に忌むべき年齢といわれておりこの三年間は注意が必要です。
この厄年にお祓いを受け、災厄が身に降りかからないよう 一年間無事に過ごせますようご祈祷をおすすめいたします。ご家族そろってのご祈願をお勧めします。一般的に厄祓・厄除けは数え年で行います。

厄年に当たる年齢(男)/2016年(平成28年)
  前厄 本厄 後厄
大厄42歳 昭和51年 辰 昭和50年 卯 昭和49年 寅
61歳 昭和32年 酉 昭和31年 申 昭和30年 未
25歳 平成5年 酉 平成4年 申 平成3年 未
厄年に当たる年齢(男)/2017年(平成29年)
  前厄 本厄 後厄
大厄42歳 昭和52年 巳 昭和51年 辰 昭和50年 卯
61歳 昭和33年 戌 昭和32年 酉 昭和31年 申
25歳 平成6年 戌 平成5年 酉 平成4年 申
厄年に当たる年齢(女)/2016年(平成28年)
  前厄 本厄 後厄
大厄33歳 昭和60年 丑 昭和59年 子 昭和58年 亥
61歳 昭和32年 酉 昭和31年 申 昭和30年 未
37歳 昭和56年 酉 昭和55年 申 昭和54年 未
19歳 平成11年 卯 平成10年 寅 平成9年 丑
厄年に当たる年齢(女)/2017年(平成29年)
  前厄 本厄 後厄
大厄33歳 昭和61年 寅 昭和60年 丑 昭和59年 子
61歳 昭和33年 戌 昭和32年 酉 昭和31年 申
37歳 昭和57年 戌 昭和56年 酉 昭和55年 申
19歳 平成12年 辰 平成11年 卯 平成10年 寅

八方除(はっぽうよけ)・方位除け

八方塞とは家相、地相、方位、日柄等から来るあらゆる災いにより、どの方向に向かっても不吉な結果を招き、物事を始めるのによくない年周りと言われております。私たちは知らず知らずの内に方位を犯しつつ日常生活過ごしております。

座間神社は西向きの神社としても有名で、方災厄除の神としての信仰であり八方除の守護神として全国より信仰されています。

出張祭典

出張祭とは、神社の外へ神職が出張しご奉仕するお祭です。地鎮祭や家屋の清祓(きよはらい)又、工事安全など神職がご自宅、その現場にお伺いして祭典を行います。

主な出張祭典

  • 地鎮祭
  • 建物を建てる際、土地の神様をお鎮めし、工事の安全をお祈りするお祭です。
  • 起 工 式
  • あらゆる工事に際して、工事の安全無事を祈願するお祭です。
  • 新 宅 祭
  • 引越などで新しい家に移った際には、新居を祓い清めて、神様をお祀りします。
  • 上 棟 祭
  • 基礎工事が終わり、柱・胸が上がった事を祝うお祭りです。棟上げのお祭。家の神様や工匠の神様に家屋に災いが無いようにお祈りします。
  • 竣 工 祭
  • 神様に工事の終了を報告し、新しく出来上がった建物を祓い清めるお祭です。
    建物が完成し、家移り・引越しの前にお祭りをします。神様に工事の終了を報告し、新しく出来上がった建物を祓い清めるお祭です。
  • そ の 他
  • 伐木・井戸埋清祓、邸内社祭、火焚祭、神棚清祓などお気軽にご相談下さい。
    新しく住宅を購入した時、引越しをする前に清祓いのお祭りを行います。
    井戸を埋める時、井戸の神様にお帰りいただいて井戸を埋めます。木の伐採 その他

マンション・建売住宅・中古物件を購入・お引越しの方

  • 新室祭
  • 家祓

清祓

  • 安全祈願
  • 解体清祓
  • 開所式
  • 神棚奉祭
  • その他

申し込み方法

お申し込みはお電話にて受け付けております。
打ち合せが必要な場合は、直接社務所にお越しいただく場合がありますので、予めご了承ください。

神葬祭

座間神社では神道でのご葬儀(神葬祭)を承っております。最近では仏教・檀家離れなどが進み、自由な発想で葬儀を行う方も多くなり、もともと日本で生まれた信仰である神道での葬儀「神葬祭」が好まれる傾向にあり、ご依頼いただければどちらでも出張奉仕しております。

月次祭参列のご案内

座間神社では毎月1日に日々の神恩感謝と氏子崇敬者の益々の繁栄を祈る月次祭を厳かに執り行っております。
月次祭に参列し健やかな日々を過ごしましょう。
氏子崇敬者、どなたでも昇殿頂けますのでお誘い合わせてお参りください。
皆様の振っての参列を心よりお待ち致しております。
参列される方は9時50分までに御本殿受付までお越し下さい。(所要時間は20分程度です。)

人形お焚きあげのご案内人形の供養・お焚き上げ焼納お受けいたします

座間神社では雛人形・五月人形など大切なお人形の処分にお困りの品をお預かりしています。
お預かりした人形などは神前に供え、お祓いののち焼納します。
原則、立会いの必要ありません。

このページの先頭へ戻る

  • 座間神社の結婚式
  • 座間神社のお宮参り
  • 座間神社の七五三
  • すいめい亭

〒252-0027 神奈川県座間市座間1-3437
TEL 046-251-0245(代)FAX 046-256-7731